愛車を買い取ってもらう場合、車の下取りのさいも印鑑証明というものが必要になってきます。この印鑑証明という書類について説明していきます。印鑑証明という書類は、ある印鑑が実印として効力を持つということを証明する目的を持つ正式な書類です。印鑑証明がなければその印鑑について実印として認められていることが裏付けられません。決して小さくない取引になる中古車の売買ですので必然的に実印が要ることになりますがそれと同時に印鑑証明というものが出てきます。印鑑証明書をつくるには、まずは印鑑証明の手続きをする必要があります。印鑑証明に登録する印は通称、実印と呼ばれていて、世界で唯一の印でなくてはなりません。実印を持って、最寄の市町村役場へ出向けば印鑑登録の手続きができます。手続きが終わると、印鑑登録カードが交付され印鑑登録手続きをした判子は実印として認められたということになります。印鑑証明書を発行してもらうためには、役所の窓口で、専用の用紙に必要項目を記入して印鑑登録カードを出すだけでできます。それに、自動交付機を使って印鑑証明書を交付してもらうことができます。印鑑証明そのものには期限切れなどはないのです。ですからいつ取得した印鑑証明だとしても印鑑証明としての効力はあるのです。しかしクルマ買い取りの際には、効力のある印鑑証明は三ヶ月以内に発行されたものでなければなりません。通常は期限を定める必要はないですが、愛車の買取の際には、買い取る側が有効期限を決めているので仮に売却予定の車があるのであれば、最初に用意しておくとよいでしょう。