愛車を売却する際、それから買取の時も印鑑証明書が必要になります。この印鑑証明という書類に関して解説していきます。印鑑証明とは、その印鑑が実印として認められていることを裏付けるものです。これがない場合には、その印鑑に関して実印で間違いないかどうかが証明できません。大金が動く取引になる自動車の売却ですから実印が必要になりますが、それとセットで印鑑証明という書類が必要となるのです。印鑑証明という書類を交付してもらうには発行前に印鑑証明をすることが必要です。印鑑証明に登録するはんこは実印と呼ばれていてこの世に一つだけの印鑑であることが条件です。印鑑を持ってお近くの役所の担当部署へ出向けば印鑑登録の手続きができます。印鑑登録をすれば、印鑑登録カードというものが発行され、その印は実印になったということになります。印鑑証明を交付してもらうには、市町村役場の取次ぎ所へ出向き、専用の書類に必要項目を書いて、印鑑登録カードを出すだけです。それから自動交付機でも印鑑証明の書類を発行してもらうことができます。印鑑証明には有効期限などはないのです。ですので、どんなに前の印鑑証明でも効力は半永久的に持続することになります。しかしながら、クルマ売却のときには、必須条件として3ヶ月以内に発行されたものとされています。普通は有効期限を気にする必要はないですが車の買い取りの際は、買い取る側が期限を設定していますので仮に中古車の買取予定の車がある場合は売却前に用意しておくことが必要です。