一般的に任意保険とは強制保険になっている自賠責保険とは別に、自賠責保険だけでは補うことが難しい補償を考慮しているとても大事なより充実した保険です。この任意の保険のポイントは自動車損害賠償責任保険の上級保険という意味合いで役に立つものですので、自賠責保険で補える支払い能力を超えたときに役立ちます。また、自賠責保険だけでは対物損害に対しては補償が受けられないので物的損害をカバーするためには任意保険にも加入するのがいいと思います。もう任意保険の保険料を納付済みの自動車を乗り換える際は国産メーカーの自動車とかアメ車ということは例外なく、残金が戻ってきます。これは国内メーカーの自動車を手放す場合でも同じです。自賠責保険の場合普通は加入したままでいるのが通例ですが任意保険の場合、誰もがかける保険ではないですから、中途解約をすることになります。また、任意保険をキャンセルしたあとはすでに 納付済みの残っているお金が返還されるということになります。車の取引が成立したとしても即保険を中途解約するのはリスクが高いです。当たり前ですが、すぐにキャンセルするとその分還付されるお金は多くなりますが、中古車買取のお店が離れた場所にあって自分で運んで行くような時は任意保険に加入していない状態で運転をしなければなりません。リスクを想定して、絶対この先自分が車の運転をしないという状況になる時まで契約の解除をされないようにしなければなりません。所有車を売りすぐ違う車に乗り換える場合であれば問題ないと思いますがもしずっと乗らない状態が継続して任意保険に加入している必要がなくなってしまったらこの任意保険に入っていない期間が存在すると過去に継続していた等級が下がってしまい、保険料の額が上がってしまいます。そういった状況は「中断証明書」というものを出してもらうようにする必要があるんです。この「中断証明書」があれば、最長で10年は解約前の保険の等級を引き継いで加入することが可能です。そして13ヶ月以内でしたら発行依頼をすることができるので、もし既に自動車を売却していて、「中断証明書」というものを提示してもらっていないケースでは、保険代理店に中断証明書を発行していないことを伝えたほうがいいと思います。もしも自分が新たに自動車を購入して、購入した後に前に持っていた自動車を買い取りに出すのであれば、任意保険はどちらか一方のみになってしまします。切り替えという対応になりますから乗る必要がある愛車の場合、買取の際まで注意しなければなりません。さらに、任意保険という保険は排気量や車種で保険料が少し違ってくるので愛車引き取りの時は任意保険の保険料を見直してみるタイミングになるでしょう。